タイトロープ

人生綱渡り。決心のきっかけはいつも時間切れ。

光の射す方へ

西野七瀬さんは太陽に向く方を教えてくれる」

 

昨日、Twitterを通じて知り合ったなーちゃん推しの方と、二人で食事をしながらいろいろ話をしていた時のことです。

その人(ここでは「Sさん」と呼びましょう)とはTwitterで交流を持って日が浅いのですが、やり取りの中で、推しメンへの好意の表し方とか応援の仕方が似てるなと思って、勝手に親近感を持っていた相手です。幸いにも、Sさんもそう思って下さっていたようで、なーちゃんラストとなった年末の大阪全握では初対面の僕のためにわざわざ券を届けて下さったりもして、それは僕が推しメンに会う決心をする最後のひと押しになりました。

 

遠方の人なのでなかなか会うこともできず、ようやく巡ってきた機会でした。いざ話をしてみると、ヲタ歴や推し遍歴もわりと似通っていて「あー、それそれ!」と初会食にも関わらず話題が次から次へと飛び出しました。

そんな中で、「卒コンでこれだけは絶対に聴きたい曲は何か」って話になって、僕は「光合成希望」を挙げました。この曲、本当に好きなんですよ。お題に関係なくとも、3本の指に入るほど好きです。曲調もさることながら、歌詞の持つ世界観が大好きです。

だけど、どこがどう好きなのと問われると説明が難しくて。漠然と「僕がなーちゃんに対して抱いているイメージの通りだから」と言ってしまえばそれまでなんですが。

 

僕にとって西野七瀬さんは太陽そのもので、この曲の陽光あふれる温かい雰囲気がピッタリだと思っています。一方で、このヒロインは光当たる世界に憧れる内気な女の子で、現状では太陽とはかけ離れた存在として描かれています。

「向日葵が似合わない」と言われてしまう彼女

だけど実は風に吹かれて走るのが好きな彼女

臆病な自分を変えたいと願っている彼女

そんなヒロインの姿もまた、デビュー当初は泣いてばかりいたなーちゃんの姿に重なったりします。ただ泣いているだけでなくて、足掻いて、自らを奮い立たせて怖さに立ち向かおうとする意志が見え隠れしているというか。これはこれで彼女のイメージにピッタリなんだけど、でもそれは太陽じゃないよね?と。

太陽でもあるし、太陽を仰ぎ見る側でもあるし、じゃあ僕の中では「西野七瀬はどっち側なんだろう」と考えると一言で表せない。

 

Sさんとの会話はその後も止まることを知らず、あちこちに話題が飛んで行って、卒コン曲の話題はいつしかフェードアウトしてしまいました。ところがSさんが、ふと冒頭の言葉を口にしたのです。その瞬間、さっきの疑問に対する答えが見えた気がしました。

 

貴人の尊称に「陛下」や「殿下」というものがありますね。これは、高貴な人に直接声を掛けるのは無礼とされた時代、その下に控える従者に呼び掛けたことの名残と言われています。「陛」は「きざはし」と読み、玉座に続く階段を指します。つまり陛下というのは玉座の下にいる従者のことです。それがいつしか玉座の上の貴人(王)その者を指す言葉に転じました。

 

Sさんの言葉を聞いた時に、なぜかこの話が頭に浮かびました。

玉座の上に座す者も、その下の従者も、そしてまたその間を繋ぐ階段も、陛下という言葉が持つ世界に内包されるように

僕にとって西野七瀬とは、

大元の太陽そのものでもあり、太陽に恋焦がれる向日葵でもあり、また太陽の場所を向日葵に教える強く温かな陽光でもあるのだと

どれか一つではなく、それら全てが彼女の世界に内包される要素なのだと気付きました。

 

そんな漠然としたインスピレーションを言葉に置き換えることができたのは、自分にとっては非常に大きな発見で、このことだけでもSさんとの邂逅は有意義なものであったと思えます。

 

僕は、明るい未来を思い描くことができず、人生どん底だと思っていた時に、なーちゃんがバンジージャンプに挑む姿を見て、立ち上がる勇気をもらいました。暗い井戸の底で藻掻いていたところに、一筋の光が射した気がしました。あの光もまた、僕にとっては、光合成希望の中で描かれる世界に連なる光でした。

話を聞いてみると、Sさんも同様な経験を持っていて、だからこそ、彼女の存在が支えだと言っていました。

西野七瀬さんのこれからは勿論のこと、彼女が愛した、彼女を育ててくれた、乃木坂46のこともずっと応援していきたい。Sさんと、お互いの共通する気持ちを確かめ合って、固い握手を交わして別れました。

そんなことを思い出しながら歩く家路は真っ暗ながらも、僕の心にはハッキリと、行く先を照らす光が浮かんでいました。

ポンコツと情熱のあいだ

玲香ちゃん出演のミュージカル「レベッカ」を観てきました(2回鑑賞)。
感想をつらつらと書き出してみようかなと。
そこそこのネタバレ含むので、見たくない人はここでUターンを。

ひきよせて結べば柴の庵にて 解くればもとの野原なりけり

メンバーの卒業や新メンバー加入についての雑感。(またしてもオチの無い話)

 

「メンバー増やせば良いってもんじゃないだろ?」

「一期生の大半が卒業したら乃木坂じゃないよ」

「四期生ちゃん、清楚でいかにも乃木坂っぽくて期待できる」

「可愛いだけの子に興味ない」

卒業ラッシュや四期生加入について、いろんな意見がありますよね。

僕は、これを考えるにあたって、「乃木坂46とは何か?」という問いを避けて通れない気がします。

もちろん人によって考えは違うだろうし、正解なんてものは無いです。あくまでも僕の考えです(いちいち断るまでもなく、僕は僕の主観でしか物事を考えられないし、語れないので、ここに記すことは全て僕の考えや決めつけでしかありませんが、念のため)。

 

メンバーの変遷は今に始まったことではありません。過去にも卒業や加入はありました。一人入れ替わっただけでも、前と同じではないです。でも、これだけ大人数のグループだと、確かに一人入れ替わったぐらいでは、傍目にはそんなに大きな変化ではないかも知れない。

じゃあ二人入れ替わったら?三人なら?五人なら?十人なら?

たぶんだけど、「何人までならセーフ」とか「何人入れ替わったらアウト」って話ではないと思います。

 

仏教の伝承に「ミリンダ王の問い」というエピソードがあります。

ミリンダ王というお偉いさんが、ナーガセーナという賢者と対話した内容を記したものです。

ナ「自分はナーガセーナと呼ばれているが、それはただの名前であって、実際にナーガセーナという実体は存在しません」

王「では、今ナーガセーナと呼ばれる貴方は何者なのか。嘘をついてはいけない」

ナ「では、『車』とは何でしょうか。車輪ですか。軸ですか。柄ですか。台ですか。それらを合した物体ですか」

王「それらのどれも『車』ではない」

ナ「その通りです。それら全ての関係性に縁って、『車』という名前が起こるのです。先ほどのナーガセーナの説明も同じことです」

王はさらに問う。

王「変化するものは、変化の前後で同じか否か」

ナ「同じとも言えるし、同じとも言えません。例えば、一日中、火を灯していた時、最初と最後で、この炎は同じものでしょうか」

王「同じではない」

ナ「では違う炎でしょうか」

王「いや、そうとも言えない」

ナ「その通りです。最初と最後で完全に同一の炎ではなくとも、同じものを燃やして灯し続けた炎なので、別物とも言えません」

(大雑把に言うとこんな感じ。詳しくは自分で調べてみてください)

 

ここで、もう一つ別のエピソードを。

ヒトの細胞は死滅と生成を常に繰り返していて、どんどん新しい細胞に生まれ変わっていきます。(入れ替わらない組織もあるけど)ほとんどの細胞は長いものでも一年ほどで入れ替わります。つまり、一年前に僕だった物質の大半はもうこの世には存在しないことになります。では、今ここに存在する僕は僕ではないのでしょうか。

確かに細胞一つを取り出しただけでは僕とは言えない。でも、それらが寄り集まって、僕の意識を形成し、僕として思考する時、それは明らかに僕なのです。(ゲシュタルト崩壊してきた)。

 

これらの話って、乃木坂の状況に似通ったものがあると思いませんか?

つまり「乃木坂46とは何か?」「メンバーが入れ替わったグループは、以前のグループと同じなのか?」ってこと。

でね、僕は乃木坂ちゃん個々のメンバーだけでは「乃木坂46」とは呼べない気がするのです。たとえ一期生であっても。前にもブログで書いたけど、彼女たちは寄り集まって互いに高め合ったからこそ個性が花開いたのであって、個人ではあそこまでキャラが付かなかったんじゃないかと、僕は考えています。

かと言って、単に適当な人を集めてきて「乃木坂46」の名前を冠しただけでは、やっぱり僕がイメージする、あの「乃木坂ちゃん」にはならなかったと思います。

 

ここにきて、2015年ごろ彼女たちが盛んに口にしていた「乃木坂らしさって何だろう?」という問いが活きてくると思います。

清楚な感じ?上品さ?可愛さ?綺麗さ?

どれも間違いではないけど、どれもそのものズバリの正解ではないと思います。たぶん。だって、清楚で可愛い子なんて、芸能界にはいくらでもいるんだもん。だけど、乃木坂ちゃんを説明しようとすると、使わずにはいられないワードであって。

おそらく、それら一つ一つの要素が、彼女たち全員の意識の下に集まって、彼女たちに依拠するからこそ「らしさ」というものが形成され発揮されたんだと、僕は思います(とは言え、僕の理解力と文章力では「乃木坂らしさ」を言語化することは到底困難で、言動の事例を取り上げて、なんとなく「これは乃木坂らしい」とか「らしくない」って感想付けるのが精一杯ですが)。

 

翻って、「乃木坂らしさ」が発揮されて、独り歩きするようになった今、オリジナルであったはずの一期生がいなくとも、その「らしさ」を受け継ぐ子がいれば「乃木坂46」は残ると思います。ただ、それは見てくれだけ真似れば良いわけではありません。また、一朝一夕で身につくようなものではないでしょう。

僕は乃木坂の「らしさ」を端的に示すものとして、時折り見られる、メンバー同士のワチャワチャした雰囲気が挙げられると思っています。あんまりキャーキャーわめく感じではなく、のほほんとしていて、互いに立場を入れ替えながら、常に相手を優しく見守っているような、そんな感じ(圧倒的語彙力の欠如)。

あれって、やっぱり一朝一夕に築き上げられたものではないですよね。二期生も三期生も、加入時は互いに恐る恐るだったと思います。共に仕事をして、次第に打ち解けて、時間を掛けて関係を作り上げてきて、ようやく今のような、期生に関係なく仲良さげにしている雰囲気を醸成できたのだと思っています。

そんな風に考える僕は、やはり最初は二期生を見ても三期生を見ても「乃木坂ちゃんっぽくない」って思っていましたが、今では「この子たちも乃木坂なんだね~」って思うようになりました。だから四期生についても同様、これから先輩たちと苦楽を共にしていくうちに、徐々に乃木坂らしくなっていくのだろうと、ひっそりと期待しています(勿論その前に乃木坂らしさが消滅してしまう可能性だってゼロではない)。

 

逆に、一期生の子たちから生じて形成されていった「乃木坂らしさ」だけど、その概念が独り歩きを始めたとなれば、当人にとっては呪縛にもなり得るのだと思います。アイドルの「らしさ」というのは、とても強い制約(あれをしちゃいけない、これをしちゃいけない...)を伴うものです。だから、彼女たちがさらに自らの行動の枠を広げていきたいと願った時、その「らしさ」を脱ぎ捨てるために、卒業という道を選択するのは、ある意味で必然なのだろうと。

 

一期生から始まって、彼女たちが自分のアイデンティティを求めて、作り上げてきたもの。それこそが乃木坂の「らしさ」の根源ではあるんだけど、それは彼女たち自身でもあるし、一方で、彼女たちを覆う「膜」のようなものでもあり、彼女たちから乖離した別個の存在のようでもあります。それでいて、一期の子たちが存在しなければ、絶対に形成されなかったもの。

「乃木坂らしさ」とは、実体がない、とても幻想的で儚い存在のように思えます。なればこそ、それを受け継ごうとしてくれる子の存在はとても貴重だと考えます。たとえ、その「らしさ」が時を追うにつれ、次第に形を変えていくことになったとしても。

 

そんな独り言でした。

 

「思います」が多くて目が回る。この文章の下手さをどうにかしたい。笑

「もしもやり直せるならどこまで巻き戻そうか。君と初めて出逢った日それとも好きになった日」

だいぶ前にタグでやったお題に答えてみようと思って。

「永遠なんてない」で始まり、「それすらも夢だった」で終わる物語を書いて欲しいです。できれば3ツイート(420字)以上でお願いします

f:id:hide_b247:20181109001706p:plain

ーーーーーーーーキリトリセンーーーーーーーー

 

「永遠なんてない」

君の言葉を鼻で笑って振り向きざま、(何それ、ラノベみたい)と言い掛けて咄嗟に呑み込んだ。君の表情を見た瞬間、自分が選択を誤ったことに気付いてしまったから。

彼女が悩んでいることには薄々だけど感付いていた。それなのに僕は、救いを求める手を振り払ってしまった。優しさを勘違いして自分の気持ちに蓋をした。君のために敢えて厳しくあろうとしたなんてただの言い訳で、実は踏み込むのが怖かっただけだ。君の顔に浮かんでいたのは何という心境だったのだろう。怒り?失望?それとも空虚だろうか。

「一生好き」「永遠にそばにいる」それまでずっと彼女に投げかけていた自分の言葉が途端に安っぽく思えた。たぶん、これから先、僕らが同じ空を見上げることは二度と無いのだろう。

僕の心に刺さった棘。

瞼に焼き付いた君の表情。耳の奥に反響する君の声。

この失敗から心を解き放てるなら、全てを巻き戻したい。この棘が消え去っていることを願って眠りに就こう。

次に目覚めた時、僕は思うだろう。

「君と過ごした時間、それすらも夢だった」

 

ーーーーーーーーキリトリセンーーーーーーーー

 

464文字だそうです。誤差の範囲ってことで良い?()

ずっと眠らせてたんだけど、キミオイ見てインスピレーションもらったので勢いで書き上げてみました。

Stairway to Heaven

ミュージカル「モーツァルト!」を観てきた感想を少々(2回鑑賞)。
観てからだいぶ時間が経ってるのは御容赦ください。
 
芸術は人心を動かす。音楽は人の内面に最もシンプルに訴えかける手段。
金銀宝玉のように、それ自体に価値がある。まさしく人の魂を昇華させる、天への陛。
そして、それを掌握することは富と権力の証。政治とも密接に結びついていて、歴史を形作ってきた。
ゲーテはこう書いた。軍隊の音楽は、まるで拳を開くようにわたしの背筋を伸ばす、とね。われわれが空港やカフェで聴くように、アウシュビッツにもまた、音楽は在った。目覚めを告げる鐘の音、歩調を合わせる太鼓の響き。どれほど疲れきっていても、どれほど絶望に打ちひしがれていても、タン、タン、と太鼓がリズムを刻めば、ユダヤ人たちの体はなんとなくそう動いてしまう。音は視覚と異なり、魂に直に触れてくる。音楽は心を強姦する。意味なんてのは、その上で取り澄ましている役に立たない貴族のようなものだ。音は意味をバイパスすることができる」
伊藤計劃虐殺器官」より)
あれはたぶん、今よりもっと娯楽がシンプルで、その種類も、そこに触れる手段も機会も限られていた時代のお話(その辺の時代背景を考慮しないと、大司教との確執のシーンとか「偉い人に何言われたって良いじゃん」ってなっちゃうと思うのよね)。
それゆえに、好きなように曲が作れない葛藤もたくさんあったのだろうなと。芸術に疎い自分が語るのもアレだけど、抑圧された心の奥底から湧き上がる情動が、より良い作品を生み出したって側面もあったのだと思う。

 

まぁ、御託はこの辺で良いや(笑)。

主要キャストの印象を書いておきましょうかね。

 
山崎ヴォルフガング:やんちゃで子供のように素直で、劇中で「プリンス」と呼ばれるように、奔放で周りを引っ張っていく印象。現実でも彼は王子様ぶりを爆発させていますよね。
古川ヴォルフガング:スマートで涼やかで、それでいて若さゆえの脆さや危うさが見え隠れして、周りが放っておけない印象。
全く同じシナリオであるにも関わらず、演じる人でここまで物語の印象が変わるものなんですね。
 
あと男爵夫人を演じた涼風真世さん香寿たつきさん、どちらも素敵でした。立ち居振る舞い、歌声、ただただ美しいと感じました。
涼風:高嶺の花と呼ぶに相応しい、高貴で気品あふれる女性。ヴォルフガングに対しても「気高くあれ」とその背中で語っているような。
香寿:慈愛に満ちた母のような存在感でヴォルフガングを優しく見守っている印象。歌声の柔らかいこと。
 
いくちゃん演じるコンスタンツェは歴史上「悪妻」と呼ばれた女性。でもストーリー上では違う側面が強調されていましたね。
家族との確執。夫と心を通わすことができない苛立ち。「悪妻」ではなく、「良妻になろうとしてなれない」女性でしたね。その理想と現実のギャップに葛藤する姿が強く描かれていた印象。
自分の実体験に重なる部分があって結構凹みました()
 
正直、いくちゃんが演じると可愛くなっちゃってアレなんですが、でも考えてみたら彼女も立派な成人女性なんですよね。
確かに序盤は幼い雰囲気を前面に押し出してて可愛さ全開だけど、中盤以降マダムモーツァルトと呼ばれる頃には、少女が大人の女性に変貌していく姿をしっかり演じていたと思います。
一番最後に全員で歌う場面、メインキャスト5人が他の役者の間を通って最前列に来るんですよ。その時ど真ん中を歩いてくるんですね。市村正親さんや、錚々たる役者さんを脇に従えて立つ姿のなんと堂々としたこと!
歌やストーリーにも感激したんですが、そのシーンで「いくちゃん凄いよ...」って思って一番泣きました。w
 
まぁ、そんな感想です。
 

奇跡と日常

問・「ありがとう」の反対の意味の言葉は?

 

これね、最近はネットでも普通に広まってる話で答えを知ってる人も多そうなので、引っ張らないで答えちゃいますが。

答えは「あたりまえ」です。

「ありがとう」は「有難う」と書きます。「有り難い」つまり「有る」のが「難しい」ということ。ただそこに有ることさえ難しい存在が、そこに有ることへの感謝の表現。なので、その反対は、「有って当然」と考えて感謝しないこと(=あたりまえ)になるわけですね。

※ ここには異なる解釈があるのですが、話の収拾つかないので割愛します。サラッと流してください()

 

ーーーーーーーーキリトリセンーーーーーーーー

 

さて、乃木坂46の22ndシングル「帰り道は遠回りしたくなる」のMVが公開されました。

乃木坂46 『帰り道は遠回りしたくなる』 - YouTube

MVの中で西野七瀬演じる女子大生が、同じく西野七瀬演じるアイドルに向けて「ありがとう」と書いた紙を掲げます。さらにアイドル西野がJD西野に向け、指で空中に「アリガト」と書いて返します。

僕、このMVが全般的に好きなんだけど、このシーンが特に好きです。

何が好きかっていうと、彼女たち(乃木坂ちゃん)が集ってくれたことが本当に奇跡だと常々思っていて、それが凝縮されたシーンだと感じたからです。

 

なーちゃんに限った話じゃないんだけど、乃木坂ちゃんって最近のアイドルには珍しくグイグイ前に出てこないというか、あまり積極的に自分アピールしないというか。ステージに上がる仕事してるのに、「目立ってナンボ」みたいなノリがあまり感じられない。そんな控えめな彼女らが、ここまで芸能界でスポットを浴びる存在になったって、凄いことだと思うのね。

他のアイドルをあまり知らないので比較は難しいけど、グループアイドルって、もっと上昇志向が強い子が売れるような印象があります。

なら、そういう子が乃木坂ちゃんの中に一人でもいたら、ブレイクするのはもっと早かっただろうか。僕はそうは思わなくて、そういう子がいたら、たぶん今みたいな雰囲気にならなかったし、ヘタすればもっと大勢辞めていた気がします。

 

乃木坂が結成された2011年は、確かAKBがフラゲ歌ってノリにノッてた頃だ。でも乃木坂ちゃんといえば、バラエティ番組(乃木どこ)でガヤもできない。トークはつまらない。すぐ泣く。「これでAKBのライバル...?」って感じだった。だけど、彼女たちは、けしてヤル気がなかったわけではなくて、今思えば、ただどうして良いのか判らなかっただけなのだろうと。

何者でもなかった彼女たち。何者になりたいかも判っていなかった彼女たち。そんな子たちばかりが集まったからこそ、手を取り合って、目の前の試練に一つ一つ丁寧に取り組んで、ゆっくりだけど着実にステップアップして、ここまでの存在感を放つようになったのだと僕は思う。

彼女たち一人一人の物語はそんなに大それたものじゃなかったのかも知れない。わりとどこにでもいる、年頃の女の子が誰でも抱える平凡な悩みと、平凡な日常と、ほんの一瞬だけ開いた非日常の扉。そして彼女たちはそこに集まった。それを偶然と呼ぶのか、必然と呼ぶのか、運命と呼ぶのか、僕には解らないけど。

あの時期、あの形で、ああいう気性の子たちが集ったっていうこと自体が奇跡だと思えてならない。初期メンバーの誰が欠けていてもダメだった気がする。いや、売れていたかも知れないよ。だけど、雰囲気は今と同じにならなかったんじゃないかなって、これはもうほとんど確信に近い。

だからこそ、彼女たちが乃木坂に入ってくれて本当に「有り難い」と思っている。

 

そんな中であのMVですよ!

劇中、なーちゃん演じる学生は、ほんの偶然からアイドルを志すことになる。一方で、アイドルにならなかった彼女の物語も並行して進む。最終的に二人の物語は交わることになる。

アイドルにならなかった彼女から、アイドルになった彼女に向けての「ありがとう」。それは、「アイドルの世界に踏み込んでくれたこと。アイドルを続けてくれたこと」への感謝。

アイドルになった彼女から、アイドルにならなかった彼女に向けての「アリガト」。それは、「アイドルに憧れてくれたこと。アイドルを続ける勇気をくれたこと」への感謝。

これってたぶん、そのまま「過去と現在の彼女たち自身の関係性」が描かれていると思うけど、同時に、アイドルとファンの一番基本の関係だと思うのね。

あのシーンは、乃木坂ちゃん自身や、乃木坂を応援するファンや、乃木坂に関わる人の分だけ、投影できる物語が存在すると思っています。けど、その全てに共通するのが「乃木坂46に入ってくれて『ありがとう』」という気持ちなんじゃないかなって。

 

ってことで、あのシーンが大好きな理由を述べてみました。

 

  ーーーーーーーーキリトリセンーーーーーーーー

どんな出来事でも、ある観測点から見れば奇跡である。したがって、どんな事象についてもほとんど例外なくいえることだが、今回の物語も、いろいろな偶然が重なった、その結果だった。つまり、偶然というのは、人が偶然だと感じる、ただそれだけの評価であって、その気になって観察すれば、自然界のいたるところに偶然は存在する。木の葉は偶然にも、私の足許に舞い降りる。こんな奇跡的なことが無限に発生して、日常を形成するのだ。

森博嗣魔剣天翔」(P.18)

 今回のブログタイトルも、同じく森博嗣さんの「君の夢 僕の思考」からの引用です。